ネット批判にどう向き合うか。YouTuber社長は「楽しみ続ける」と言った【ロシアン佐藤】

2018.08.11 グルメ
KEYWORD : #動画制作,#大食い,#炎上,#自己プロデュース

大食い女王戦にも出演した経験を持つ大食いタレントのロシアン佐藤さんは、大食い10周年を迎える一方で若手社長としても活躍している。2018年の「元祖!大食い女王決定戦」にも出場した。そんな大食い女子・ロシアン佐藤さんに、YouTuber社長になってからの苦悩と、その乗り越え方について伺った。

前編はこちらから▼
女性YouTuber社長・ロシアン佐藤。大食いを武器に食のインフルエンサーに

 

塚田:佐藤はクリエイター気質で抱え込んでしまうところがあるんですよね…言っていいのかな、NGがあったら言ってね。

 

「私にNGなんてないですよ」とロシアン佐藤さんが言い、塚田さんは「いやいや」と笑った。

 

 

塚田:佐藤は全部自分でやろうとするんです。こだわりが強いんですね。でも、YouTubeの動画制作も会社の代表としての活動も全部ひとりで回すのは無理なので、もうちょっと仲間を信じなさいと話しました。経営面は僕が見るからそこは任せてもらって、食に関する事業は佐藤が中心に立って進めて、という役割分担ですね。

 

ロシアン佐藤:今までは自分で何とかしようと考えていたので、壁にぶつかった時はグッと我慢して、感情を抑えこんでいました。ただ、そうやって無理にやり過ごしても解決しないんですよね。ひとりで考えても埒が明かない時は、別の意見を取り入れないといけないんだって気づきました。

 

はぎぱん:それに気づいたのは、経営者になってからですか?

 

 

ロシアン佐藤:はい。エッジニアを立ち上げてから「経営は勢いや気合いだけじゃダメなんだ」と痛感して。経営者と会社員は、思っている以上に違いました。経営はやる気だけではどうにもならないことがあって、自分ひとりで突き進んでも絶対うまくいかない。壁にぶつかったら、誰かに相談してサポートしてもらわないと乗り越えられないんです。経営は人と協力をしながら進めていくものなんだ、とひしひし感じます。

 

はぎぱん:だれかと協力しないと、と痛感したのはいつだったんでしょう。

 

 

ロシアン佐藤さんは一呼吸おいて、「すごく悩んでいた時期があって」と言った。

 

ロシアン佐藤:自分が良いと思って公開した動画の反響がいまいち…という状況がしばらく続いたことがあって。ただ好きな動画を作るだけじゃダメなんだと思って、いろいろなコメントを見ながら「こういう意見があるならこうしなきゃ」「でもこれじゃダメだ」と右往左往していました。「何か変えなきゃいけない」って思考がガチガチになっていたんです。そういう時は自分の振る舞いもネガティブになっているのか、コメント欄にもネガティブなコメントが増えちゃって…負のスパイラルでした。ファンの人からは「なんだか元気ないよー」「どうしたの?」といったダイレクトメッセージも届きました。

 

「すごい、友達みたいですね」と言うと、ロシアン佐藤さんは「本当にそうなんですよ」とふんわり笑う。

 

 

ロシアン佐藤:私が後ろ向きな気持ちで動画に出ていると、同じように笑っているつもりでも、視聴者さんに伝わっちゃうんですよね。その時、塚田さんに「佐藤が楽しんで撮ることが一番大事なんだよ」って言われて…。

 

ずっと和らいでいた瞳がゆらいで、目線が上を泳いだ。きゅっと口を結んでから細く息を吐き、そっと開く。

 

 

ロシアン佐藤:いろいろな意見に振り回されて、何がやりたかったのかわからない状態だったんですが、はっとしました。ファンの方からも「いろいろ言われているけど、気にしなくていいんだよ、自分の作りたいものを作って見せてくれればいいから」というダイレクトメッセージが届いて。

 

それが、もう一度「自分が伝えたいことって何だろう」「やりたいことって何だろう」と見つめ直すきっかけになった。

 

ロシアン佐藤:悩んでいる時も私の動画を見てくれる方がいるわけで、中途半端な気持ちで動画を作ったらダメだな、と反省して。さっき塚田さんが言っていたように、人に任せられるところは任せて、自分が心から楽しいと思えることに全力で打ち込もうと決めました。やっぱり、自分で楽しんで作って「よっしゃ、うまくてきた!」と思えた動画は、人にも楽しんでもらえるんですよ。

 

 

はぎぱん:ファンの方はもちろん、会社にも支えられたんですね。

 

ロシアン佐藤:はい。塚田さんには厳しく言われることもありますけど、本当につらいなって時はやっぱり…うん、心強い味方です。視聴者さんからもポジティブな言葉をたくさんいただきました。悩んでいる時期だからこそすごく響いて、ありがたかったですね。「そうか、楽しめばいいのか。私は何を悩んでいたんだろう」と思いました。たとえば「前の方が好きだったな」というコメントは一見ネガティブなんですけど、これって「心から楽しんでいるロシアン佐藤が好きだったよ、また楽しんで動画を作ってほしい」という願望だと思うんです。

 

さきほど曇っていた瞳は、すでに明るい。

 

 

ロシアン佐藤:「30代なのにテンション高すぎだろう」みたいなコメントもあって、もっと落ち着いた方が良いのかなと思ってテンションを上げ切れずにいたら、「元気ないね」と心配してくださる視聴者さんもたくさんいて。本当に楽しければ変なテンションになったっていいし、うれしいことは体全体で表現していいし、ちょっと不細工になってもグシャグシャな顔で「おいしい」って言っていいんですよね。

 

 

周りを気にして、自分が表現したいことを伝えられなくなるのはもったいない、とロシアン佐藤さんは言う。

 

ロシアン佐藤:「これをやったらこう言われるんじゃないか」と心配するんじゃなくて、「私はこれが良いと思ったからやります!」って自信を持ってやり切った方がポジティブだし、楽しいですよね。それを相手に押しつけるのではなく「私はこれが良いと思ったよ、みんなはどう思う?」と投げかけるスタイルで動画を作っています。

 

 

好きなことをやり切る。簡単なようで、とても難しいことだ。

 

ロシアン佐藤:以前、YouTubeのCMで“好きなことで生きていく”っていうキャッチフレーズが話題になりましたよね。「簡単に言うけど、そんなのできないよ」という声もありますが、本当に大切なことなんですよ。「私はこれが好きです」って伝えるのはめちゃくちゃ難しいんですが、それが良い動画を作る核だと気づきました。

 

 

はぎぱん:たとえ同じ企画の動画を作ったとしても、向き合う気持ちによって動画の質が変わるってことですよね。

 

ロシアン佐藤:そうですそうです。全く同じ内容だとしても、動画を通じて私のコンディションが伝わります。

 

はぎぱん:確かに…「今日クマひどいね、寝てる?」っていうコメントもありますよね(笑)

 

ロシアン佐藤さんは困ったように眉根を寄せながら、くすぐったさそうに笑う。

 

 

ロシアン佐藤:そう~、「そんなとこまで見てるの?」ってびっくりするくらいよく見てもらってて(笑)だから動画は心からやりたい企画にして、本当に食べたい物を元気に食べようって心がけています。リクエストも受け付けていますけど、採用するのはワクワクするものだけです。気が向かないものを作っても、良い動画にならないので。

 

大口モンスターが口を開けば、35万の幸福があふれ出す

はぎぱん:YouTuberなどの動画クリエイターもそうですが、自分の名前で活動したいと考える人は増えていますよね。何をするにしても最初が一番つらいと思うんですが、どうやって乗り越えたらいいでしょうか?

 

 

ロシアン佐藤:“自分はこれを伝えたい”という軸をしっかり持つことですね。料理家だったらその料理で何を伝えたいのか、写真家だったらその写真で何を伝えたいのか。自分なりに伝えたいことがあると思うので、それが本当に伝わるか、そして伝えた後に相手にどうなってほしいかを想像してから行動することです。

 

ロシアン佐藤さんは、食べる楽しさを伝え、食に対してポジティブな気持ちを持ってほしいと思って活動している。

 

ロシアン佐藤:この想いに自信を持てれば、つらい時も踏ん張れますし、人にも相談しやすいですよね。何がしたいのかがわからないと、周りもアドバイスしにくいですし。ぶれない軸を持って、やり抜くための方法を突き詰めていけば、好きになってくれる人が必ずいます。

 

 

大好きな食の動画を作ると、その動画を好きになってくれる人が現れる。好意が好意を呼んで、好意の輪ができる。生きる糧とする食を愛せたら、これほど幸せなことはない。

 

ロシアン佐藤さんは人の何倍もの量を食べても、深夜まで撮影が続いても、「私はこれが好きだから」と笑う。底知れぬ心身を持つ彼女から、35万人分の幸福が生み出されている。その頭上に、大食い女王のティアラが見えた。

 

取材・文/はぎぱん 写真/ひらはらあい

 

▼ロシアン佐藤さんに動画制作のコツを伺った記事はこちら
35万人のファンを獲得。視聴者の欲求を満たすYouTube動画【おなかがすいたらMONSTER!】

▼ロシアン佐藤さんの動画撮影密着記事はこちら
6.5キロの激辛クッパを完食!人気大食いYouTuberの動画撮影に密着してみた【ロシアン佐藤】

 

▼ロシアン佐藤『おなかがすいたらMONSTER!』YouTubeチャンネル▼

 

KEYWORDS

– キーワード –

CONTACT

– ご質問・お問い合わせ –
  • 一般の方はこちら

    キャリアプランや進路相談、
    動画クリエイターへの取材リクエストなど

  • 企業の方はこちら

    動画マーケティングのお悩みや、
    動画クリエイターへの取材希望など